よ うこそパリとも本店へ

新エッセイ 旧エッセイ ●イラストてんこもる ●旧イラスト ●ゲーム ●パンダーと話そう
ま んが ●プ ロフィール ●ブログなパリとも ●掲示板 ●Pandaking List ●ら くがきっくす
ロケットナイツアニメ版



な にをして過ごしているか、でその人は生き方を定めます。
先月、父の兄が亡くなりました。わたしは「おじさん」って
呼んでました。ながや一族の核となる人で、優しくって
厳しくって、素敵なおじさんでした。

自分がなにを頼りにして過ごしていたのか、お別れして
気づけるくらいに、自分の中で「居てくれて当たり前」だった
ことが身にしみました。

おじさんは、随分親族みんなに気配っていたし、人に食べさせる
ことをとても喜んでいましたし、うれしそうな顔をするときの
おじさんは、もう漫画みたいに顔一面が笑顔になるのです。
私は基本的にはひねくれた人間ですが、おじさんが示した
「人との関わり方」ゆえに、どこかおおらかに信じている節が
あるのです。そういうのって、生きて、過ごして、実際どんな
心持ちでいたのかを、「生き様」で人に伝えられるんだって
おもいました。

私はおじさんのようには過ごせなかったけれど、おじさんが
見せてくれた「生き方」を忘れずに過ごしていきます。
おじさんの周りに残っている一族は、みんな楽しそうだもの。
おじさんは素敵でした。感謝します。

あっちでじーちゃんばーちゃん、お姉さんとゆっくりしてね。
ありがとうおじさん。私もがんばります。


ながやまさき


 

 


WWW を検索 www.pandaking.ne.jp を検索

ながやまさき
こんにちは。あなたは カウンター 番 目って訳。

日本の諸風景

このごろ遠出が続きます。行く先々があるってのも楽しいものですし、会える人がどんどん
増えていくっていうのもいいものです。元来の出不精、人見知りを周りの環境が克服させて
くれることを感謝いたします。今年は西の方に用事が増えますなあ。ありがたいありがたい。